FC2ブログ

●○ information

u

Author:u
2009.2月までの期間限定のギャラリーとして
運営されたM.C.APERTOです。

●○ 最近の記事
●○ カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
●○ 最近のコメント
●○ 最近のトラックバック
●○ 月別アーカイブ
●○ カテゴリー
●○ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009/08/08//Sat * 03:22
●○「震電プロジェクト」ドキュメント展

ずいぶんと放置してましたが…たまには更新を。

中ハシ克シゲさんの「震電プロジェクト」が3年ぶりに動き出します。
3年前、燃えずに終わった「震電」に決着がつきます。

展覧会名称:「震電プロジェクト」ドキュメント展
会期:本年8月11日(火)~8月16日(日)
場所:福岡市美術館 市民ギャラリーD
展示内容:2006年に開催された「震電プロジェクト」を振り返る写真資料、映像資料。
主催:オフィスゴンチャロフ

同時開催:
翼をくださいっ! 外伝 「幻の翼 震電」
主催:ギンギラ太陽's
公演会期:8/11-16 会場:福岡市美術館講堂
詳細はギンギラ太陽'sホームページ http://www.gingira.com/をご覧ください。


ZERO Project SHINDEN/Fukuoka(通称:震電プロジェクト)とは?
現代美術作家・中ハシ克シゲが2000年より挑み続ける「ゼロ・プロジェクト」の福岡バージョン。1/48震電のプラモデルをフィルムカメラで接写拡大した写真約25000枚を、ワークショップの形式をとって一般観客の参加を促しながら貼り合わせ、実物大の震電を制作するアートプロジェクト。その過程で戦時の記憶を持つ人々や関係者にインタビューを行い、失われつつある太平洋戦争当時の福岡の歴史に迫った。制作は2006年6-7月、福岡市美術館実技講座室において行われ、完成した作品は、震電ゆかりの場所、渡辺鉄工(福岡市博多区相生町)で展示された。8月5日および6日のわずか2日間で300人を超す人々が詰めかけ、往時をしのぶ姿が見られた。


001-見本

002-見本

http://www.workshopstudio.net/shinden_enter


スポンサーサイト



Comments on this preview ○●    

●○ 2013/01/24 19:04
このコメントは管理者の承認待ちです

●○ 2013/02/27 01:21
このコメントは管理者の承認待ちです









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://hfg.blog67.fc2.com/tb.php/21-afb8f5d0

[TOP]
copyright (C) 2006 M.C.APERTO all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。